日向坂46小坂菜緒、「センター外れ」で蘇った生駒里奈の“倒れ込み事件”

日向坂46小坂菜緒、「センター外れ」で蘇った生駒里奈の“倒れ込み事件”
拡大する(全1枚)

 日向坂46が10日に放送されたグループの冠番組「日向坂で会いましょう」(テレビ東京系)内で、9月23日に発売する1stアルバム収録のリード曲「アザトカワイイ」のフォーメーションを発表。1期生の佐々木美玲が18年に発売された「けやき坂46」時代のアルバム「走り出す瞬間」以来、約2年ぶりにセンターを務めることが発表された。

 日向坂46としてのデビュー後では初のセンターを射止めた佐々木は番組内で「まさか自分がセンターになって、不思議な気持ちなんですけど、みんなを引っ張っていけるような存在に頑張れたらいいなって思います」と涙ながらにコメントしている。

 一方、日向坂46としてのデビュー以来、4作連続でシングル表題曲でセンターを務めてきた2期生の小坂菜緒は、今作ではセンター横のポジションについている。

 小坂は「(センターを)4作連続でやってきて、これが続いていくのがずっと怖かったところはあったので…」と、センターを務めることにプレッシャーを感じていたことを涙ながらに明かした。

 それと同時に今回のポジションについては「(センターを外れたことで)ちょっと安心感があるというか、センターの隣っていうのも自分の中では初めてになるので、自分にとってパワーアップできるようなアルバムにしたい」と、笑顔を見せている。

 小坂の「涙のワケ」をコメントから察するに、センターポジションを外れたショックよりも、センターのプレッシャーから解放された安心感からこぼれたものであったことが何となくわかるが、ファンからも「小坂ちゃんには不動のセンターとして頑張って欲しいけど、一回センター外れるのは有りだと思う」「こさかな(小坂の愛称)は一回リフレッシュしてほしい」「やっぱり欅坂の平手ちゃんのこともあるし、一度センターを外れて、ホッとしてる」など、小坂がセンターを外れたことについて安堵する声が目立っている。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク