“王の55号呪縛”ワルあがき大暴論(1)野村克也「バレンティンの記録更新“おもしろくない”」

“助っ人外国人”は、日本人にはないパワーを期待されて海を渡る。しかし、そのパワフルな打棒を振るうと、今度は「外国人が『世界の王』の記録を破っていいのか?」と批判を受ける。今回も、大物OBの意見が真っ二つに分かれるなど、「55号問題」が勃発している。熱狂的な“G党有名人”の大激論を以下──。

「王の記録を破られそうだ。おもしろくない。日本の選手に破ってほしかった‥‥」

 8月31日、パ・リーグ各球団が伝統のユニホームを着用する「レジェンド・シリーズ2013」の始球式に参加した野村克也氏(78)は報道陣を前に、バレンティンの記録更新について、冒頭のようにボヤき始めた。

 その前日には、バレンティンが52号を放っている。野村氏が持つシーズン本塁打記録に肩を並べた直後のことだった。しゃくに障ったわけではないだろうが、ついにはこう言い放った。

「メジャーをお払い箱になった選手に抜かれるのは、日本の恥だ。プライドはないのか!」

 野村氏のように「日本の恥」とばかりに怒る人は少数かもしれない。とはいえ、腰かけの外国人選手に「世界の王」が負ける──。この事実を受け入れたくないという感情は理解できる。

 こうした感情が、これまで記録更新に挑んだバースやローズ、カブレラといった外国人選手への不必要な敬遠という形で現れたことは言うまでもない。王貞治氏のシーズン55本という本塁打記録は「聖域」と呼ばれている。それは前人未到の記録という以上に、外国人選手にとってのタブーという意味合いが強い。


あわせて読みたい

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年9月19日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。