掛布雅之「バックスクリーン直撃談」特別編(1)バースとの勝負に見た「江川の意地」

 王貞治氏のシーズン本塁打55本から今年で49年。プロ野球選手にとってこの数字は大きな壁であり続けた。かつてその記録に挑んだ阪神のランディ・バースと、敬遠せずに立ち向かった巨人・江川卓との名勝負の舞台裏を、本誌連載「バックスクリーン直撃談!」の掛布雅之氏が明かす。

 日本プロ野球のシーズン本塁打記録という時計は、約50年間も止まったまま。しかし今年、そんな時計の針を動かそうとしている選手がヤクルトのバレンティンです。シーズン戦も残り26試合(9月6日時点)ですから、1試合4打席として、まだ100回以上は打席に立てる計算になる。ファンの期待が高まるのも当然です。

 その一方で懸念されているのが、敬遠問題です。考えてもみてください。50本近く打っている打者は投手から見れば、脅威そのもの。もし普通の選手と同じように勝負しようものなら、いつものように豪快な本塁打を打たれて終わりです。

 しかも今はクライマックスシリーズの導入によって、昔のようないわゆる消化試合というものがほとんどありません。どの球団もクライマックスに出るためAクラス入りに必死。自力優勝がなくなったからといって、試合を捨てるような戦い方ができないのです。

 そうなれば、ランナーがいる時はもちろん、僅差の勝負になればなるほど、バレンティンが歩かされるのは当たり前の話。勝負をしなければいけないからといってチームの勝ち星を無視する選手がどこにいるのでしょうか。


あわせて読みたい

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年9月17日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。