歴代総理の胆力「野田佳彦」(1)政権当初の期待感が失望に
拡大する(全1枚)

 ようやく果たした政権交代をわずか3年余で再び政権を自民党に明け渡す役割を演じたのが、この野田佳彦であった。

 野田は東日本大震災で危機管理能力欠如を暴露、退陣を余儀なくされた菅直人のあとを襲った形で総理大臣に就任した。野田は民主党内での存在感は高いとは言えなかったが、代表選出後の他の面々に決め手がなく、言うなら“消去法”で勝ち上がったと言えた。

 初めから強いリーダーシップに期待感があったわけでもなく、前任の鳩山由紀夫、菅直人がいずれも重心の高い危うさがあったことから、一見、重心の低さを感じさせた雰囲気に期待感があった。

 人物はというと、愛称は「どじょう」でキレはないが、どこか愛嬌もあり実直そうな印象を与えた。

 そうしたやや地味な野田政権のすべり出しの内閣支持率は、予想を上回る60%の高さであった。その具体的期待感は、大きく二つあった。

 一つは、鳩山、菅の両政権が党内人事で常にゴタゴタを招いていたことから、こうした人事を払拭してみせてくれるのではという期待感であった。なるほど、野田は党を仕切る幹事長に、党内左派ではあるが小沢一郎ら右派とのパイプもある輿石東を持って来たことで、党内へのにらみを期待したものだった。こうした人事は、まずは成功した。

 二つ目は派手さはないが、重心を低くして堅実な政権運営を行いそうだというものだった。政権発足当初、自民党からは、「鳩山や菅と違い、自民党との対決路線を取らず、低く構えて融和路線で臨んで来そうだ。油断はできない」との声も出たくらいだったのだ。