五輪招致レースの舞台ウラ(1)挨拶を交わすことだけでも難しい“ロビー活動”

 蓋を開けてみれば圧勝に終わった五輪招致レース。都庁関係者が「4年前、ロビー活動に失敗し、屈辱的敗戦を経験したことが糧になった」と話すが、選挙権を持つIOC委員94人が持つ票の獲得が全てだという。有名アスリートも巻き込んだ舞台ウラを総まくり!

 4年前の2016年五輪(リオデジャネイロ)開催の招致レースで苦い経験をしたマラソン五輪メダリストの有森裕子(47)。9月8日早朝の、IOC総会を生中継したNHKの速報番組にゲスト出演した席でも、東京開催が決定する直前に、「ロビー活動って言っても相手と挨拶を交わすことだけでも難しいんです」と、苦しい心中を吐露していた。日本テレビ関係者話す。

「翌日の『NEWS ZERO』に出演した時は、肩の荷が下りたんでしょう。最後のロビー活動の様子を語ってくれました。『福島原発の汚染水問題などで最後のプレゼンをするまで、大丈夫と思っている方々は少なかったと思う』とブエノスアイレスでの厳しい状況を振り返りながら、自身が、『空飛ぶ宇宙人』と呼ばれたセルゲイ・ブブカ氏の担当だったことも明かしていました」

“密命”は有森氏だけでなく、スピードスケート銅メダルの橋本聖子参議院議員はスケート競技出身の委員、バルセロナ五輪金メダリストの鈴木大地氏は競泳のカースティ・コベントリー氏ら元メダリスト、と細かく割り振りが決まっていたという。その徹底ぶりの裏には4年前の招致活動で屈辱的な敗北を喫した教訓があった。


あわせて読みたい

アサ芸プラスの記事をもっと見る 2013年9月20日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら