昭和の「激アツ刑事ドラマ」主役を総直撃<苅谷俊介>兄イと慕った渡哲也に拾われて石原プロへ

昭和の「激アツ刑事ドラマ」主役を総直撃<苅谷俊介>兄イと慕った渡哲也に拾われて石原プロへ
拡大する(全1枚)

 渡哲也(享年78)の訃報は、日本中に哀切をもたらした。ずっと兄貴分と慕った苅谷俊介(73)が、人気ドラマのエピソードとともに「師」との交友を語る。

──映画デビューが71年で、石原プロモーションには74年に入社されていますね。

苅谷 あの頃の石原プロは借金だらけのどん底の状態。その当時から知っている俳優は、もういなくなっちゃったね。

──初めてのレギュラードラマが「大都会PARTII」(77~78年、日本テレビ系)ですね。城西署の弁慶こと宮本刑事の役です。

苅谷 決めゼリフの「城西署の弁慶だあ!」は僕のアドリブ。あのドラマは松田優作さんが自分のアドリブを台本にびっしり書き込んで、それに渡さんも乗って応えることもあったよ。

──劇中で松田優作に「彫が深いんだよ」とからかわれることもありましたが、異色の存在でしたね。

苅谷 それまでの刑事ドラマは二枚目ばかり出ていたけど、悪役みたいな顔の刑事がレギュラーになったのは初めてじゃないかな。

──続く「大都会PARTIII」(78~79年)にも続投。ここから石原プロお得意の派手なカーチェイスや爆破シーンが本格化しますね。

苅谷 僕らも自分の出番がない時は、道路に人が入ってこないようにガードしてたよ。今じゃ、あんなシーンは道路使用許可が絶対に下りないだろうけど(笑)。

──その流れは、源田刑事として出演した「西部警察」(79~84年、テレビ朝日系)でも続きますが。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

渡哲也のプロフィールを見る
アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「渡哲也」に関する記事

「渡哲也」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「渡哲也」の記事

次に読みたい「渡哲也」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク