阪神・桧山進次郎「神様男の22年裏伝説」(3)“戦力外報道”が1日で覆る人気

 桧山も、星野監督時代に獲得した鉄人・金本が岡田彰布政権で不動の4番となったことや膝痛などの影響もあり、06年からは代打としての出場が多くなるが、07年に「事件」が起こる。

 この年、桧山は8月21日のヤクルト戦で代打満塁本塁打を放つなどの活躍を見せたものの、前半の不振がたたり、打率はわずか1割9分1厘に終わる。オフには一部スポーツ紙で「来季戦力外」「引退」と報道されたのだった。

「結局、この時は阪神ファンからの反響がものすごくてね、球団が驚いたわけです。球団には『辞めさせるな!』という猛抗議が殺到し、たった1日で覆りました」(前出・球団関係者)

 進退を賭けて臨んだ08年は代打で安打を量産し、打率3割を達成する。04年に引退した先代“代打の神様”八木裕(現・阪神二軍打撃コーチ)に代わる切り札として「神様、仏様、桧山様」とあがめられる存在となった。その後の「神」としての活躍と勝負強さは、代打安打156、代打本塁打14、代打打点109の球団記録(9月11日現在)を打ち立てたことでわかるだろう。

「晩年の金本は代打も多かったが、『ヒー(桧山)の準備のしかたを参考にしていた』と、最も盛り上がった重要場面で打席に立つまでの過程を桧山から学んでいました」(前出・関西マスコミ関係者)

 引退後の桧山について、前出・デスクは言う。

「いったん評論家になり、数年後には打撃コーチなどで指導者として戻ることになるでしょう。チームの低迷期も優勝も知り、控え選手、4番、代打と全てをひととおり経験しているので、いろんなタイプの打者にアドバイスできる」


あわせて読みたい

アサ芸プラスの記事をもっと見る 2013年9月25日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。