鷲見玲奈、田中みな実とは異なる「自分の体を語らない艶戦略」とは?

鷲見玲奈、田中みな実とは異なる「自分の体を語らない艶戦略」とは?
       

 これが真の美ボディを誇る者の強みなのか。8月31日発売の「週刊プレイボーイ」で表紙&巻頭グラビアに登場したフリーアナ鷲見玲奈が、問答無用の巨胸で見る者を圧倒しているようだ。

 鷲見は発売当日、ツイッターで「表紙と巻頭を担当させて頂いています!」をアピール。掲載翌週の9月8日にはインスタグラムにて「こちらの写真は載せちゃダメだと思っていたら、大丈夫でした」と、横から写したカットを公開している。

「今回のグラビアでは可愛らしさをアピールしつつも、隠し切れないバストの膨らみに目を奪われずにはいられません。何しろTシャツ姿で仰向けに寝ている写真でも二つの山が高々とそびえたっているのですから、その存在感は圧倒的。フリーアナになった現在はジムワークで顔つきも含めてシュッとなり、少しだけ小さくなったバストも腕や肩回りが絞れたことで相対的に膨らみが目立つようになり、美人×美ボディの最強コンボとなっているのです」(グラビア誌ライター)

 今後、さらなるグラビア展開も期待される鷲見。それこそ田中みな実のようにバストトップも見え隠れしているように見える大幅な肌見せに期待も高まるというものだ。だが、同じように美胸を売りにしていても、鷲見の戦略は田中とは相当異なっているというのである。

「田中は自分から“バストまでが顔”と語るなど、自分の胸が武器であることを積極的に示していくタイプ。世間に対してその美胸をひけらかしたのも、17年9月発売の女性週刊誌『an・an』の表紙で披露した肘での胸隠しポーズでした。それに対して鷲見は、その巨胸がリーサルウエポンなのは明らかなのに、自分からはあえて胸について語らないスタイル。週プレのグラビアでも胸についての言及はないばかりか、胸をアピールするポーズもありません。わざわざ自分で語らずとも『見ればわかるでしょ?』という流儀なのでしょう」(前出・グラビア誌ライター)

 SNSにアップした一枚の画像が百の言葉よりも説得力を持つ鷲見。田中が有言実行タイプだとすれば、鷲見の不言実行な艶戦略も相当な破壊力でファンを魅了してくれそうだ。

(金田麻有)

あわせて読みたい

鷲見玲奈のプロフィールを見る
アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「鷲見玲奈 + Instagram」のおすすめ記事

「鷲見玲奈 + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

「鷲見玲奈 + twitter」のおすすめ記事

「鷲見玲奈 + twitter」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「水ト麻美」のニュース

次に読みたい関連記事「水ト麻美」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年9月23日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 鷲見玲奈 Instagram
  2. 鷲見玲奈 twitter

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。