斉藤由貴が胸モミからキスを「強要」!/悦楽の「百合ベッド場面」大全(終)

斉藤由貴が胸モミからキスを「強要」!/悦楽の「百合ベッド場面」大全(終)
拡大する(全1枚)

 美女たちの百合シーンが描かれるのはスクリーンだけではない。ドラマでも艶めかしい場面がオンエアされている。同性を性的対象とすることが市民権を得た平成からVODサービスの普及で過激化する現在までを誌上放送する。

 93年に日本テレビ系で放映された「同窓会」は、刺激に富んでいた。それは現在も語りぐさになるほどだ。芸能ジャーナリストの沖直人氏が解説するには、同性好きや男女両方を性的対象にすることをを真っ向から取り上げた初のテレビドラマだそうで、「特に男性同士の情愛が強く印象に残っているのではないでしょうか」と指摘する。しかし、百合シーンもあったという。

 それは斉藤由貴荻野目慶子のワンシーン。夫が同性好きであることを知り、思い悩む斉藤が同窓生の荻野目と話し込んでいる時、突如として「胸、触らせてくれない?」と頼むところから始まる。性に奔放な女性という役どころの荻野目は快諾。ひとしきり触った斉藤は、

「私のより柔らかいかも」

 と戸惑いながら感想を述べる。そして、斉藤は「ついでに」と言いつつキスを強要するのだ。沖氏によれば、「同性好きってどんなものだろう?」という疑問を解消するために2人はキスをする」のだというが、「その時、しっかり荻野目も斉藤の胸をタッチしているんです」とのこと。当時は、2人とも不貞スキャンダル報道があったあと。沖氏は「手慣れているなとうなったものです」と振り返る。

 その後、真正面から百合関係を取り上げるドラマは現れないものの、「ひとり暮らし」(96年、TBS系)は女同士の際どい関係を描いてみせた。主演の常盤貴子に恋人ができたこと で、幼なじみの永作博美が横恋慕する展開なのだが、その行動は異常さを増す。ついには常盤に睡眠薬で眠らせたあとで、服を?いで?ずりを始めたのだ。


当時の記事を読む

斉藤由貴のプロフィールを見る
アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「斉藤由貴」に関する記事

「斉藤由貴」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「斉藤由貴」の記事

次に読みたい「斉藤由貴」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月11日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 斉藤由貴 不倫
  2. 斉藤由貴 卒業
  3. 斉藤由貴 尾崎豊

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。