満島ひかりが「手で愛撫」寸前まで責められ…/悦楽の「百合ベッド場面」大全(3)
拡大する(全1枚)

 好景気の中で幕を開けた平成。バブルがはじけ、長い景気低迷を迎えた。その時代を反映するように、銀幕の世界でもスタイリッシュから退廃的へと艶っぽさの表現は移り変わっていく。それが如実に表れたのは百合ラブシーンだった─。

 平成初期を代表するレズシーンを見せたのは「誘惑者」(89年、ヘラルド・エース/日本ヘラルド)。秋吉久美子原田貴和子という豪華女優2人が百合共演したのだ。おたがいの体を密着させながら唇を吸い合う貪欲さたるや、その後の男女の営みをも想起させた。それほど「前戯キス」で、2人の姿は圧巻だった。

 そんな中、百合映画の頂点とも言うべき映画が誕生する。「ナチュラルウーマン」(94年、ケイエスエス)だ。女優のベッドシーン事情に詳しい映画ライターの松井修氏をして「日本映画史上最高」の百合映画であり、「リアルなLGBTドラマ」と言わしめるほどの作品なのだ。

 女3人の三角関係を描いた物語だが、緒川たまき嶋村かおりのカラミ合いが、この作品の真骨頂だろう。

 嶋村に覆いかぶさり、ピチャピチャと音を立てながら強引に唇を奪う。そしてバストへと唇をはわせるなど終始、緒川が積極的に責めていく。特に観客の下半身をうずかせたのは、半分脱いだ姿の緒川がベッドにあおむけになった嶋村の美脚を責めるシーン。ベッド上に座る嶋村のバストを足指でゆっくりと愛撫していくのだ。緒川の寝てもハリのあるバストだけではなく、なんともサディスティックな緒川にはドギモを抜かれた。松井氏によれば、人気モデルから映画デビューした緒川が、当時のグラドル、嶋村を無理やり“百合の世界”に引き込む「強烈なキャラクター」を演じたと指摘する。また、現在まで緒川の美バストは、「この作品でしか拝めません」とも付け加える。