サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「ウインマイティーを狙い撃つ」

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「ウインマイティーを狙い撃つ」
       

今週のメインは秋華賞。秋のGI戦第2弾である。3歳牝馬による芝2000メートルでの戦いで、桜花賞オークスを制し、4戦土つかずで秋初戦を迎えるデアリングタクトの「3冠」なるかが焦点となる。

強烈な末脚が武器で距離の不安もないとなれば、ここでも頂点に立つのは容易と思われるが、夏を越して力をつけたライバルも多く、また、この馬自身、オークス以来5カ月ぶりの実戦。春同様のパフォーマンスを演じきることができるのか、とにかく注目の一戦と言える。

まずは、そのデアリングタクトだが、オークスのあとは放牧でしっかりとリフレッシュ。牧場での調整は抜かりなく、帰厩後も寸分の狂いもなく調教が積まれてきた。前哨戦をパスして本番へ直行となるが、1週前の追い切りも文句なしだった。

そうであれば、秋の女王の座もこの馬で決まり──そうみられて当然で、馬券的にはデアリングタクトを頭に2、3着のヒモ探しのGIということになろうか。

データもそれを示している。02年に馬単が導入されて以降、これまでの18年間、その馬単での万馬券はわずか1回(馬連も1回)。この間、1番人気馬は5勝(2着3回)、2番人気馬は7勝(2着3回)で、1、2番人気馬でのワンツー決着は3回。いわゆる本命党向きの競馬と言ってよさそうだ。

しかし、どうだろう。そうであっても今回は前述したように、ここにきてのしてきた馬も少なくない。オークスの結果を見ても、デアリングタクトを脅かすライバルもいる。穴党としては当然、そちらに目を向けてみたい。


あわせて読みたい

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「秋華賞 + 追い切り」のおすすめ記事

「秋華賞 + 追い切り」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「スプリンターズステークス」のニュース

次に読みたい関連記事「スプリンターズステークス」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「エリザベス女王杯」のニュース

次に読みたい関連記事「エリザベス女王杯」のニュースをもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月15日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. 秋華賞 追い切り

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。