80年代〈本当の美少女アイドル〉を総直撃<八木さおり>日本一ショートカットが似合う清純派の決意

80年代〈本当の美少女アイドル〉を総直撃<八木さおり>日本一ショートカットが似合う清純派の決意
拡大する(全1枚)

 かわいらしいエクボとセンスのよい楽曲を武器に、80年代半ばのアイドル界で際立った八木さおり(50)が、当時を回顧する。

 デビューのきっかけは85年、前年に斉藤由貴を輩出した「ミスマガジン」への応募だった。

「グランプリは撮影者がカメラをもらえるというので、兄が『お前、出してみる?』とノリノリでした」

 兄妹は軽い気持ちで、近所の公園で撮影。真っ黒に日焼けしたショートカットの15歳少女に、原石のにおいを嗅ぎ取った編集部から、後日「わかりやすい写真を送ってほしい」と連絡が入った。

「誌面投票の末、グランプリに選んでいただいて。まったくの素人で、1年間は編集部預かり。撮影の日に母と一緒に現地に行くという生活をしていました」

 高校2年でようやく上京すると、アイドルの園こと堀越学園に転入。

「クラスメイトは、山瀬まみちゃんや少女隊のミホちゃんとレイコちゃん。後輩に西村知美ちゃんがいて、高3の時に森高千里ちゃんが入ってきました。よく森口博子さんがネタにしていますが『5時間目まで残っているのは恥ずかしい』ってまさにそれ。ホームルームだけの子は『今日はすぐ仕事だから』って勝ち誇った感じで早退したり(笑)」

 八木自身も歌に演技に大忙し。87年には「ひみつのアッコちゃん 伊豆の踊子物語」(フジテレビ系)で民放ドラマの初主演を果たす。

「共演者は本木雅弘さん。放映後、事務所に本木さんのファンからカミソリが届き『本当にあるんだ!』とゾッとしました」


編集部おすすめ

当時の記事を読む

斉藤由貴のプロフィールを見る
アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「斉藤由貴」に関する記事

「斉藤由貴」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「斉藤由貴」の記事

次に読みたい「斉藤由貴」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク