松田聖子「40周年」と「沙也加」の誤算(終)“似た者同士”で「和解」も近い?

松田聖子「40周年」と「沙也加」の誤算(終)“似た者同士”で「和解」も近い?
       

 自身の40周年のアニバーサリーイヤーがコロナ禍によって逆境に変わっても、永遠のアイドル・松田聖子には、大きなダメージではなく、来たる大爆発までのタメの期間でしかなさそうだ。だが、そんな聖子にも唯一、弱点がある。娘の神田沙也加のことである。2人の母娘関係は、どこでどうこじれたのか─。

 まだ多感な少女であった沙也加が、米国を拠点として活動をはじめた聖子に振り回されたことが、現在の母娘関係に大きな影を落としていることは、間違いないだろう。

「米国で成功を収めることはできず、日本に持ち帰った戦利品といえば、米国男性との不貞スキャンダルでしたからね」(芸能リポーター)

 特に大きく報じられたのは、米国の無名俳優、ジェフ・ニコルスとの3年にも渡る関係だった。

「94年には、ジェフが『心からの愛』という暴露本を発売し、聖子からのラブレターやラブラブ写真までを公開。その後、ディープキス写真まで漏洩し、大騒動になりました」(前出・芸能リポーター)

 聖子は、ジェフのことを「英会話の教師」「アルバムのデュエット相手」「キスは挨拶」と関係を認めることはなかったが、そんな母親に自分の恋についてとやかく言われたくない─。沙也加がそう思うのは当然だったのだ。

 17年、沙也加は、広末涼子の元カレとしても知られる、モデルで俳優の村田充との結婚を発表した。

「沙也加と村田が、神田正輝に結婚の報告をした際の写真が公開され、父親とは温かな交流があることがわかりましたが、この幸せなニュースに聖子の存在はなく、祝福の言葉も出なかった。ハワイでの挙式には神田も出席しましたが、聖子の姿はなく、その後、都内のレストランで開かれた披露パーティーにも出席していません。聖子は、最後まで村田との結婚に反対していたともいわれています」(前出・芸能リポーター)


当時の記事を読む

松田聖子のプロフィールを見る
アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「松田聖子」に関する記事

「松田聖子」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「松田聖子」の記事

次に読みたい「松田聖子」の記事をもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月20日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 松田聖子 CM
  2. 松田聖子 郷ひろみ

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。