“日本一”俳優は笛木優子とも…/美女「バストトップ出し情交」場面大全(終)

“日本一”俳優は笛木優子とも…/美女「バストトップ出し情交」場面大全(終)
       

 情交シーンの主役は女優である。ただ、相手となる俳優がいなければ成立しないのも事実だ。あぁ、一度でいいから、俳優になってみたい…。日本で最もうらやましがられるオトコはいったい誰?

「故・三國連太郎が『前張りナシで本番をしようとした』という都市伝説があります」と話す芸能ジャーナリストの沖直人氏は、その伝説の意味をいいように解釈すれば、情交シーンに「リアルさを求めていた」ということであると指摘し、「それほど昭和の映画界は活気があったということでしょう」と分析する。

 かつての映画界でベッドシーンにおける「帝王」と呼ばれる俳優もいた。18年に亡くなった津川雅彦だ。

前出・沖氏によれば、「若い頃は二枚目を地でいく役柄が多かった」津川だが、「30代以降は人間臭い役柄を演じることが増え」て、まさに「ベッドシーンといえば津川」のような存在になっていったという。

 その経歴をたどると、多くの傑作ベッドシーンが存在する。81年の映画「マノン」(東宝)では、烏丸せつこの豊かな胸に顔をうずめた。さらに「墨東綺譚」(92年、ATG)で墨田ユキを相手にバストトップを舐め回す。特に結合場面は「本当に疑似なのか」と思わせるほどだった。津川の円熟したベッド演技はそれほど迫真力に満ちていた。

 そんな帝王亡きあと、二代目を継承したと言われるのが奥田瑛二森下愛子に始まり、かたせ梨乃荻野目慶子らのバストトップを味わい尽くした。吉本多香美を相手にベッドシーンを演じた「皆月」(99年、日活)では、冴えない会社員役で吉本に翻弄されながらも、野獣のように貪る情交シーンまで披露した。


当時の記事を読む

笛木優子のプロフィールを見る
アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「“日本一”俳優は笛木優子とも…/美女「バストトップ出し情交」場面大全(終)」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    ≪ごーかんの都頭狂≫≪頭狂ごーかん男ら逮捕≫1方≪有名人の話題で自らの不都合ひた隠す中国そのまま頭狂穢土人民腸栓共和国では≫≪埼玉のカラオケ店店内で女性を≫頭狂ごーかん男らが逮捕されていた事がわかった

    0
この記事にコメントする

もっと読む

「笛木優子」に関する記事

「笛木優子」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「笛木優子」の記事

次に読みたい「笛木優子」の記事をもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月24日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 笛木優子 Instagram
  2. 笛木優子 昼ドラ
  3. 笛木優子 結婚

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。