南野陽子、「エレクト」の半端なさ!/美女「バストトップ出し情交」場面大全(3)

南野陽子、「エレクト」の半端なさ!/美女「バストトップ出し情交」場面大全(3)
       

 生唾ではなく、ハッと息を飲むぐらいショッキングなバストトップも存在する。「初脱ぎ」から「イメージとかけ離れている」まで、「衝撃のバストトップ」を一挙公開する!

 今年断トツの視聴率をとったドラマ「半沢直樹」(TBS系)。劇中に登場した「進政党」所属の女議員で高飛車な国交大臣をご記憶の方も多いだろう。この役柄にみごとにハマッたのが江口のりこだった。

 バイプレイヤーとして存在感を増しているが、「初脱ぎ」は20代前半と早咲きだった。映画「ジョゼと虎と魚たち」(03年、アスミック・エース)でバストトップを見せて、馬乗り情交シーンを演じている。が、主演の池脇千鶴のバストトップ見せに食われ、大きな話題にはならなかった。

 そこから9年後、江口のバストトップが衝撃を与える。映画「戦争と一人の女」(12年、ドッグシュガームービーズ)に出演。元は”春を売る女性”だったの飲み屋の女将に扮した江口は、飲んだくれの作家(永瀬正敏)とヤリまくる。永瀬が舌先で円を描くようにバストトップを舐め回すも、江口はまったく無反応。そんなシニカルな情交シーンだったが、江口は黒々としたヘアまで見せている。今になってみると、「まさかあの大臣が…」と衝撃モノだが。

 ただ、「本物」のほうが、より電撃的である。自民党所属で、現在は厚生労働副大臣を務める三原じゅん子参院議員だ。女優時代に出演した映画「嵯峨野の宿」(87年、日活)で、ほのかな恋心を抱いていた人形作家役の金田賢一と結ばれ、濃厚にカラんでいた。芸能ジャーナリスト・沖直人氏によると、バストに顔をうずめて「合体」したというが、「眉間にシワを寄せてハスキーボイスで悶える姿は、不良っぽさがウリだっただけに衝撃的でした」という。また、何度か小豆色のバストトップがアップになり「手のひらで転がされてコリコリに」なったと振り返る。ただし、顔とがバストトップが同じ画面に収まることはないとし、いまだ「代役」を立てた「疑惑」があるとも。副大臣になった今こそ、三原氏には説明責任を果たしてもらいたいところだ。


当時の記事を読む

南野陽子のプロフィールを見る
アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「南野陽子」に関する記事

「南野陽子」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「南野陽子」の記事

次に読みたい「南野陽子」の記事をもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月23日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。