サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「グローリーヴェイズが主役食い」

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「グローリーヴェイズが主役食い」
拡大する(全1枚)

 コロナ禍のせいとは言いたくないが、競馬の進みが早い。年だからと言われればうなずくほかないが、秋の東京開催は今週で幕。やはり早い。その掉尾を飾るのはジャパンカップだ。

 天皇賞・秋で史上初の芝GI8勝を達成し、その後が注目されていたアーモンドアイが出走してくる。このレースがラストランとなるが、どんなパフォーマンスを見せてくれるのか、楽しみでならない。

 この「女傑」が主役になるが「絶対」でないのは、出走各馬の顔ぶれから明らかだ。無敗のまま「三冠」を達成した3歳牡・牝のコントレイルとデアリングタクトが出走してくる。

 そもそも、アーモンドアイが出走を表明する前は、この両馬が主役とみられていた。無敗馬対決は、どちらに軍配が上がるのか。これがファンにとって最大の関心事だったわけだ。

 さらには、キセキ(菊花賞)、グローリーヴェイズ(香港ヴァーズ)、サートゥルナーリア(ホープフルS、皐月賞)、マカヒキ(ダービー)、ラヴズオンリーユー(オークス)、ワールドプレミア(菊花賞)といったGI勝ちの面々が満を持しており、いやがうえにも盛り上がるというもの。どんなドラマが待っているのか、まさにファン必見の一戦である。

 それにしても、外国勢がウェイトゥパリス(GIサンクルー大賞)1頭というのは寂しい。招待競走であり、外国馬にとっては、アゴ足つきのおいしいレースでありながらである。日本勢のレベルがひと昔前に比べて格段に上がったとはいえ、施行時期を含め、いろいろ再考すべきであろう。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ジャパンカップ」に関する記事

「ジャパンカップ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ジャパンカップ」の記事

次に読みたい「ジャパンカップ」の記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク