黒木瞳「吉永小百合を超える」野望が頓挫した(2)初監督作品は億単位の大赤字に

黒木瞳「吉永小百合を超える」野望が頓挫した(2)初監督作品は億単位の大赤字に
       

 スキャンダルまみれの映画「十二単衣」は起死回生を狙った黒木の思惑がみごとに空回りの状態に。公開週の映画ランキングではトップテン圏外。第1週に6位、第2週に圏外に去った「とんかつ」でさえ爆死と言われているが、「十二単衣」は興収が明かされないほど無残な展開になっている。

 映画はいわゆるタイムスリップもの。伊藤演じる青年が就職試験に失敗し、ひょんなことから平安の源氏の世界に飛ぶ‥‥。映画サイトのレビューでは「俳優さんたちがかわいそう。高校生が学園祭で上映する自主映画のよう」とか「何が言いたいのか」と酷評が書き込まれ、さらに「カメラアングルや演出も古い」といった、監督としての資質を問う批判も相次いだ。

 だが、これらは想定内だったと、映画ライターは語る。

「監督デビュー作の『嫌な女』もひどかった。吉田羊(46)と木村佳乃(44)というある意味では旬の女優を起用したのですが、映像が素人っぽいし、何を言いたいのかさっぱり伝わってこなかった。撮影では黒木が吉田にダメ出ししたと言われましたが、完成した作品を見たら、ダメ出しされるのは黒木のほうでは、という声も。しかも製作費が10億円もかかったので、赤字が億単位になった。これに懲りて監督はもうやらないと思っていたのですが‥‥。キノフィルムズに企画を持ち込んで再び監督をやると聞いた時は、嫌な予感がしていました」

 この杞憂は的中した。映画関係者もこんなふうに経緯を振り返る。

「黒木は『化身』(86年)では藤竜也(79)と、『失楽園』(97年)では役所広司(64)と、映画史に残るセックスシーンを演じた大物として一目置かれています。黒木が企画を持ち込み、監督をやりたい、伊藤という売れっ子で映画化するとなれば、映画会社も断りきれなかったのではないかと思います」

 懲りない大女優に周囲も手を焼いたということだろう。

当時の記事を読む

黒木瞳のプロフィールを見る
アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「黒木瞳」に関する記事

「黒木瞳」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「黒木瞳」の記事

次に読みたい「黒木瞳」の記事をもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年12月6日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 黒木瞳 Instagram
  2. 黒木瞳 あさナビ
  3. 黒木瞳 ドラマ

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。