橋本環奈でも視聴率低迷の「ルパンの娘」が実は高評価だった!?

橋本環奈でも視聴率低迷の「ルパンの娘」が実は高評価だった!?
拡大する(全1枚)

 怪盗一家「Lの一族」をテーマとしたドラマ「ルパンの娘」(フジテレビ系)が低迷している。11月26日放送の第7話にはシスター姿の殺し屋「ナターシャ」役でモデルの太田莉菜が出演。ゲスト陣の豪華さには定評のある同作だが、視聴率は6.0%に留まっていた。

「昨年7月期の第一シリーズでは平均視聴率7.2%に留まり、今回の第二シリーズではテコ入れのために橋本環奈を投入。しかし平均視聴率は昨年を下回る6.0%へと撃沈しています。今シリーズでは主役の三雲華(深田恭子)に娘が生まれ、Lの一族に跡継ぎができるという展開を軸に進んでいますが、華が母親になったことから前シリーズで話題を呼んだアクションシーンが鳴りを潜め、内容自体がアクションコメディからホームコメディへと変容。頼みの橋本もシャーロック・ホームズを模した探偵衣装や不慣れな京都弁で頑張っており、第7話では同作でおなじみのミュージカルシーンにまで挑戦したものの、その効果が数字には表れていないようです」(テレビ誌ライター)

 このように視聴率的には冴えない「ルパンの娘」だが、実際には視聴者から高い評価を受けているというのだ。

 言われてみれば、前シリーズの平均視聴率が7%台だったにもかかわらず新シリーズが制作されたのも驚きだが、そこにはちゃんとした理由があるという。

「本作の特徴は『タイムシフト視聴率』の高さ。録画や見逃し配信での視聴数が多く、総合視聴率で見ると実はけっこうな人気ドラマと言えるのです。その証拠に民放公式ポータルサイト『TVer』のランキングでは全番組中で29位にランクイン。ユーザーが見たい番組を登録しておく“マイリスト”では50万超の登録数となっており、これは人気バラエティの『テレビ千鳥』と『ゴッドタン』に次ぐ第3位につけており、ドラマ部門ではトップとなっています。いまやテレビ番組もネットで見るのが当たり前の時代において、『ルパンの娘』は時代に即した実績を残していると言えるでしょう」(前出・テレビ誌ライター)


編集部おすすめ

当時の記事を読む

橋本環奈のプロフィールを見る
アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「橋本環奈」に関する記事

「橋本環奈」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「橋本環奈」の記事

次に読みたい「橋本環奈」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク