森田望智、「恋する母たち」最終回で怪演が期待される“体当たり女優歴”!

森田望智、「恋する母たち」最終回で怪演が期待される“体当たり女優歴”!
拡大する(全1枚)

 女優・木村佳乃主演のドラマ「恋する母たち」(TBS系)が、12月18日に最終回を迎える。12月11日放送回の次回予告で森田望智演じる「山下のり子」が登場することが明らかになると、ネット上には早くも視聴者から最終回を期待する声が書き込まれている。

「このドラマは、柴門ふみの同名の漫画が原作。同じ高校に通う息子を持つ杏(木村)、優子(吉田羊)、まり(仲里依紗)の恋愛と友情を描いたラブストーリー。森田が演じるのり子は、まりの夫・蒲原繁樹(玉置玲央)の不貞相手。2人の艶めいたシーンを撮影して送りつけ、まりとの直接対決でも悪びれず『奥様は蒲原先生にふさわしいのかしら』とうそぶく始末。不貞関係を清算すると、今度は繁樹が絡んだ政治資金流用スキャンダルを週刊誌に暴露。『ぜ~んぶしゃべっちゃいました』『第二弾でもっとズタボロにして上げますから。お楽しみに~!』と言って電話を切るなど『怖すぎる!』『怪演』といった声が上がっています」(芸能ライター)

 森田は2019年、ネットドラマ「全裸監督」で、伝説の艶系女優・黒木香役を熱演し体当たりの演技を見せ、センセーションを巻き起こすと、天海祐希が主演を務める今年1月期の連ドラ「トップナイフ‐天才脳外科医の条件‐」(日本テレビ系)にレギョラー出演。さらにはドラマ「一億円のさようなら」(NHK BSプレミアム)でヒロイン役を演じるなど大活躍を見せている。

「ドラマを手掛ける磯山晶チーフプロデューサーは、『原作を読んだ時から鍵を握るのはのり子』『毎回出ないし好感度が低い役なので引き受けてもらえるか心配していた』と言ったうえで、『豊かな表情がとにかく魅力的』『ずっと見てしまう』『憎まれ役に徹したうえで、新たな魅力を足してくれた』『ものすごい可能性を秘めた存在』と絶賛しています」(前出・芸能ライター)

 森田が最終回でどんな爪痕を残してくれるのか。要チェックだ。

(窪田史朗)

当時の記事を読む

森田望智のプロフィールを見る
アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「森田望智」に関する記事

「森田望智」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「森田望智」の記事

次に読みたい「森田望智」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年12月18日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。