オヤジたちよ、50歳を過ぎたら「肛門」を信用するな!(1)あのノムさんも油断してしまい……

       

 50歳を過ぎれば、とかくユルくなるのは涙腺と肛門である。飲み過ぎた翌日、放屁のつもりでつい力んで、思わず便を漏らした経験はないだろうか。シモのトラブルは人に相談もできず、悩みを抱えたままでいることも多い。しかし、放っておけば生命に関わるトラブルにもつながるという。

 創設9年目にリーグ初優勝を成し遂げた楽天。この栄光は前監督・野村克也氏(78)の功績が大きい。彼が監督時代に起こした“黄金伝説”を、あるスポーツ誌記者が振り返る。

「07年5月23日の対ヤクルト戦、同点で迎えた10回裏に、楽天がサヨナラ勝ちをしました。その瞬間、喜びと同時に野村さんが便も爆発させてしまったのです」

 野村氏はユニホームのズボンの後ろを黄色く染めながら、試合後、

「ワシも年やの~。体がいうことをきかなくなったわ」

 と、照れ笑いをした。当時、野村氏は72歳だが、なぜ年を取ると便漏れを起こすのか──西新井大腸肛門科の医師・久保田至理事長が、そのメカニズムを解説する。

「肛門を動かす筋肉は内括約筋と外括約筋の2つがあります。内側の筋肉は付随筋なので自分の意思で締められません。便を排泄する時は、内括約筋も外括約筋も弛緩しないとできません。便が漏れるのは、これらの内括約筋と外括約筋の協調運動がうまくいかないのに起因すると考えられます」

 便漏れは筋力の衰える高齢者だけに起こりうるトラブルではないという。

「若い人から80代まで、広い年代で悩みを抱えている人がいます。括約筋を緩めないと大便は排泄できませんが、若年層でも神経の問題で筋肉にうまく伝達できない人もいます。誰でも年を取れば我慢できずに漏れてしまう。私も飲み過ぎてなる時がありますよ(笑)」(前出・久保田理事長)


アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年10月28日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。