松坂慶子 水着姿もOK?ライザップCM「熱烈オファー」に応える
拡大する(全1枚)

「愛の水中花」のバニーガール姿に映画作品での数々の妖艶なシーンと、松坂慶子のグララマスボディは、現在もオトコたちの脳裏に焼きついて離れない。68歳となった現在、再び磨きをかけて復活しようとしている。

 1月9日のNHKスペシャルドラマ「おもひでぽろぽろ」で孫を持つ主人公を演じ、翌10日に放送されたドラマ「DOCTORS~最強の名医~2021新春スペシャル」(テレビ朝日系)では性格に難アリな病院長の母親役で登場。引っ張りだこな松坂ではあるが、その役どころは年齢相応になってきている。

 しかし、往年の松坂を復活させるプランが進んでいる。広告代理店関係者によると、

「ここ数年で肉づきのよさが目立ってきた松坂に対し、一昨年頃からライザップが熱烈なオファーを送っていたのです」

 今やライザップといえば、誰でもあのCMを思い浮かべるほどの有名企業。短期間でダイエットを成功させて、使用前と使用後の体を比較するアレだ。かつて広告塔として浅香唯(51)や佐藤仁美(41)らが、だらしない体から美ボディへと変貌するさまを見せつけた。

「松坂は急激に体型が変化しては、すでに決まっている出演作への影響が出るとして快諾しなかった。それでもオファーを送り続けた熱意に、ついに松坂側も折れたというのです」(前出・広告代理店関係者)

 ライザップCM出演のカウントダウンが始まっているというのだ。当然ながら、期待は水着姿の披露に集中する。