サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「良血タイセイドリーマーの一発」

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「良血タイセイドリーマーの一発」
拡大する(全1枚)

 春の中山開催は2週目。早いものでクラシックの蹄音が大きくなってきた。

 今週のメインは弥生賞ディープインパクト記念。牡馬クラシック(牝馬の参戦も可)第一弾、皐月賞のトライアルレースである。

 2週後に行われる同じ前哨戦のスプリングS以上に本番との関連性は高く、ここで勝ち負けして皐月賞、ダービー馬に輝いた馬は少なくない。

 近いところでは05年ディープインパクト、09年ロジユニヴァース、10年ヴィクトワールピサ、16年マカヒキといったところだが、その後のGI戦で活躍する馬も数多くいる。まさに、ファン必見の重賞と言っていい。

 であるなら、今年も勝ち負けした馬は頂点に立つ可能性が大きく、そうした観点で各馬の能力を値踏みすることも必要だろう。

 クラシック候補の筆頭格は、目下3戦土つかずのダノンザキッドか。昨年暮れのGIホープフルSを制した2歳王者で、そのスキのない安定した走りっぷりは、特筆モノと言っていい。

 そして現在、新馬─特別を連勝中で、名手ルメール騎手とのコンビが特に魅力のシュネルマイスターもヒケを取らないだろう。

 ほかにも京成杯2着タイムトゥヘヴン、未勝利戦を好タイムで勝ち上がったゴールデンシロップ、休み明けだった京成杯で3着と上昇が見込めるテンバガーなど、いずれも評価が高い素質馬ぞろいである。

 馬券的にもおもしろい一戦だが、まずは過去のデータをひもといてみよう。

 03年に馬単が導入されて以降、これまでの18年間、その馬単での万馬券は3回(馬連2回)。この間、1番人気馬は9勝(2着3回)、2番人気馬は6勝(2着2回)で、1、2番人気馬のワンツー決着は4回。馬単で万馬券にならなかった年は1、2番人気馬のどちらかが連対を果たしており、本命党向きの堅い重賞と言ってよさそうだ。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク