高岡早紀「妖艶美ボディ&魔性の情交」傑作選(終)「歩きながらイクなんて~」

高岡早紀「妖艶美ボディ&魔性の情交」傑作選(終)「歩きながらイクなんて~」
拡大する(全1枚)

 バストトップこそ見せないものの、見る者の脳内を刺激する作品は他にもある。

 04年、ミュージシャンの布袋寅泰との密会キス写真がフライデーされ「W不貞」と騒がれたが、2年後に公開された映画「寝ずの番」(06年、角川ヘラルド・ピクチャーズ)では、その時の密会現場を彷彿させるリアルなシーンも…。

「中島らもの短編小説集が原作で、上方落語界を舞台にした艶っぽいコメディ映画です。スナックのカウンターで作家志望のコピーライター扮する高岡が酔いに任せて落語家(笹野高史)に迫るのですが、これが激しく艶っぽい。白のワンピースからのぞく渓谷をグイグイ押しつけ、ホテルに向かうタクシーの中では、白の肌着越しに胸を揉みしだかれる。どこか布袋との密会をパロッているようでしたね」(スポーツ紙記者)

 胸よりもヒップに注目したい向きには映画「female」(05年、東芝エンタテイメント)がお勧めだ。女性と艶っぽさをテーマにしたオムニバス映画で、高岡が出演した「夜の舌先」は松尾スズキ監督の作品。映画評論家の前田有一氏によれば、情交シーンが「とっても生々しく描かれていて『後ろからされたの初めて~』などとアエいでいます」とのことだ。

 高岡は工場の技術者で独身のヒロイン役。フィリピン旅行でアンティークな香炉を見つけるところから物語が始まる。売り子から「好きな人の髪の毛、入れて眠る。好きな人、夢に出てくる。好きなことしたらいい。したことないこと、したらいい」と教えられ、日本に戻って5歳年下の営業マンの髪で試してみる。すると、夢の中で初めてのバックに悶えまくったのだ─。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

高岡早紀のプロフィールを見る
アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「高岡早紀」に関する記事

「高岡早紀」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「高岡早紀」の記事

次に読みたい「高岡早紀」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク