橋本環奈が紳士服業界を救う?ブラウスはちきれ“Dカップ”CMの注目度
拡大する(全1枚)

 女優の橋本環奈が、3月27日から放送されている「洋服の青山」のCM「AOYAMAはWでいい! Wピースダンス」編に出演している。

「春の“フレッシャーズ”向けのCMで、橋本が軽快な曲をバックに春服、夏服、部屋着や外着などシチューエーションに合わせた服を着回しながら踊る、小気味の良い内容。橋本はCM撮影前にダンスの練習をする時間がなかったとコメントしていますが、そのキュートぶりはかつてアイドルグループに所属していた頃を思い起こさせ、ファンも喜ばせる作りになっています」(テレビウオッチャー)

 橋本は19年1月から青山のフレッシャーズCMに起用されており、今回はカジュアルなファッションが中心ではあるものの、しっかりスーツ姿も披露している。

「後半部分で紺のジャケットに白のブラウス姿でクルリと回るシーンがあるのですが、両腕を広げたピースサインで胸を張ったポーズをとっていることから、ブラウスがはち切れんばかりの見事な推定Dカップバストを拝むことができます。こんな女性が職場にいたら仕事が手につかないだろう…女性向けのCMでありながらそんな妄想を働かせる視聴者も多いのでは」(テレビウオッチャー)

 メイキング映像では、実際に着た商品について「肌ざわり、着心地がすごくいい」と語り、ダンスについても「バズリそうな振り」「TikTokとかでダンスしてる子たちにやって欲しい」とアピールしていた橋本。

「実際のところ、『洋服の青山』を展開する青山商事はコロナによるテレワークへの移行の影響をモロに受け、業績は悪化する一方にあります。そのため対策としてはカジュアル商品の比率を上げざるをえない状況で、今回のCMも“ビジネスカジュアル”の提案に重点を置いた内容になっているわけですが、同時に橋本のダンスとバストには、かなりの期待がかかっていると思われます」(芸能ライター)

 橋本が紳士服業界を救うか。