江口のりこ「主役を食う怪女優」の真髄(1)テレビドラマは修行だった

江口のりこ「主役を食う怪女優」の真髄(1)テレビドラマは修行だった
拡大する(全1枚)

 苦節20年、いつしか存在感が際立つようになっていた名脇役が、ついにテレビの連ドラで初主演を果たすまでになった。四十路にして大ブレイクした怪女優の不思議な魅力に迫る。

 昨年放送された連続ドラマ「半沢直樹」(TBS系)は、平均視聴率24.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)を記録し、最終回は32.7%を叩き出す大ヒットとなった。13年に放送された前作から、個性的で芸達者な俳優陣が集結することでもお馴染みの同シリーズだが、中でも今作から登場し、国土交通大臣・白井亜希子役を演じた江口のりこ(40)の注目度が一気にアップしたのである。

 大臣就任の記者会見で、

「選挙? それは、い・ま・じゃ・な・い」

 と、笑みを浮かべるシーンは強烈なインパクトを残した。

 それ以後、江口の一般的知名度はグングン高まったが、そもそも彼女は01年のテレビドラマ初出演以来、映画、舞台なども含めて、すでに出演作は200本を超える大ベテランなのだ。

 映画評論家の秋本鉄次氏が言う。

「最近では『半沢直樹』での大臣役もそうでしたが、『その女、ジルバ』(フジテレビ系)では主人公の職場の上司、『俺の家の話』(TBS系)では口うるさい長女、映画でも『事故物件 恐い間取り』(松竹)でいわくつきの部屋ばかりを紹介する不動産屋といった具合に、クセのある役、屈折した人物を演じることが非常に多かった。少し前までは知る人ぞ知る、脇で光る存在だったのに、今や準主役級。今度は連続テレビドラマで初主演も務めます。半沢以降、明治、ダイハツ工業、三井住友カードと、いずれも大手の新CMに起用されており、かなり異例のブレイクだと思いますね」


あわせて読みたい

江口のりこのプロフィールを見る
アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「江口のりこ」に関する記事

「江口のりこ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「江口のりこ」の記事

次に読みたい「江口のりこ」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年4月10日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 江口のりこ ドラマ
  2. 江口のりこ 真木よう子
  3. 江口のりこ 結婚

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。