アントニオ猪木「“国賊訪朝”を拉致被害者家族(増元照明氏)が憤激ビンタ!」(1)対北朝鮮発言に見る国会議員としての資質

 参院の許可を得ず訪朝、ついに懲罰動議提出の運びとなったアントニオ猪木参院議員。「スポーツ外交」で北朝鮮との外交チャンネルを開いたことを盛んにアピールするが、拉致被害者家族会・増元照明氏は、一連の行為を北朝鮮の思惑に乗った日本への背信行為だと怒りをあらわにした。

 議員になる前に、猪木さんは講演で「拉致問題が解決して国民が幸せになりますか?」とおっしゃっていると聞きました。拉致問題を軽視している方が訪朝しても解決には至らないというのが、私の感想です。

 スポーツ外交の名目で、参院に無断で北朝鮮を訪問したアントニオ猪木氏(69)は、金正恩第一書記(30)の後見人とされる、NO2の張成沢氏(67)と会談をしたと、その成果を強調。この行動に対して、拉致被害者・増元るみ子さんの実弟である拉致被害者家族会事務局長・増元照明氏(58)は強い口調でこう断罪した。

 7月末、猪木さんは議員資格のないまま訪朝し、北朝鮮の朝鮮戦争休戦60年の記念行事に出席しました。帰国後、所属する日本維新の会の平沼(赳夫拉致議連会長=74=)先生たちが猪木さんと話をされた際に「日本人が幸せになれるのか?」発言の真意を猪木さんに尋ねたそうです。しかし、猪木さんからは曖昧な答えしか返ってこなかったとのことでした。そこで、いろいろと拉致に関することを説明し、結果、猪木さんは「わかりました、自身としては拉致問題に関して言葉を発しない」とおっしゃっていたそうです。


当時の記事を読む

アントニオ猪木のプロフィールを見る
アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「アントニオ猪木」に関する記事

「アントニオ猪木」に関する記事をもっと見る

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年11月14日の政治記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。