禁断!〈歌番組の放送事故〉一挙公開!<夜のヒットスタジオ篇>久保田利伸に五木ひろしがキックを浴びせた

禁断!〈歌番組の放送事故〉一挙公開!<夜のヒットスタジオ篇>久保田利伸に五木ひろしがキックを浴びせた
拡大する(全1枚)

 フジテレビの長寿番組だった「夜のヒットスタジオ」(68~90年)は、斬新なカメラワークに定評があった。さらに、騒動の多さもまた、たびたび俎上に載せられてしまう。

「バンザ~イ!」

 初代司会者だった前田武彦(享年82)は、鶴岡雅義と東京ロマンチカが歌い終えたとたん、謎のバンザイを。実は直前の選挙で共産党の議員を応援しており、当選したことへ前田なりのメッセージだった。

 ところがフジはこの行動を重く見て、同番組の司会を降板させ、さらに前田がテレビから長らく干される流れに発展した。

 さて、番組最大の事件といえば、忌野清志郎(享年58)率いる「ザ・タイマーズ」が巻き起こした「FM東京罵倒演奏」だ。番組から派生した「ヒットスタジオR&N」で、89年10月13日に計画は実行される。

 清志郎はリハーサルでは普通に歌っていたが、本番では「偽善者」の歌詞を全く別なものに差し替える。

「♪FM東京、腐ったラジオ~。FM東京、オ○ンコ野郎~。FM東京、政治家の手先」

 いくつかの曲を同局で放送禁止にされたことへの怒りの報復だが、代償は大きかった。タイマーズがフジに3年間の出入り禁止になっただけでなく、同じレーベルの松任谷由実のアルバムさえも、FM東京は一切オンエアしないという強行策を取る。

 司会の古舘伊知郎は「リハーサルと違うんだもんなあ」と、あきれ顔で言った。長らく封印されてきた場面だが、09年の清志郎追悼特番では、該当箇所にピー音をかぶせた上で解禁させている。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

五木ひろしのプロフィールを見る
アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「五木ひろし」に関する記事

「五木ひろし」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「五木ひろし」の記事

次に読みたい「五木ひろし」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク