松坂慶子、初披露は見惚れる肉付きのよさ/銀幕女優「ヒップ愛欲場面」総覧(2)
拡大する(全1枚)

 ヒップでインパクトを与えた名シーンといえば、84年公開の「お葬式」(ATG)での高瀬春奈も無視できない。高瀬は山崎努扮する主人公の不貞相手役で登場。男に自分への愛情があるかどうかを確認すべく、自ら肌着を脱ぎ捨て…。芸能ジャーナリストの佐々木博之氏が後を引きとって言うには、高瀬が山の中で木に手をつかされ、「喪服をたくし上げられての」煽情的な立って後ろから突かれるシーンは大きな話題を呼んだとのことで、正直、作品の内容よりも、あの巨大ヒップが大映しになった衝撃のほうが「記憶に刷り込まれている」と話す。

 屋外でのヒップ出しは、まさに興奮を倍増させるもので、「犬死にせしもの」(86年/松竹)でも、「PRIDE」などのヒット曲を持つ歌手の今井美樹が野外で美ヒップをさらけ出している。

 海賊たちに捕まった今井は、逃走を図るも失敗。浜辺で囲まれ、観念したようにみずから服を脱いでマッパに。芸能ジャーナリストの平田昇二氏によれば、「ボディは全体的にスレンダー」で、ヒップも「小ぶり」だそうだ。「それでも健康的なピチピチの白い肌が妙に煽情的なんです」とも。

 至宝映像の呼び声高いのは、若かりし頃の田中美佐子のマッパが露わとなる「丑三つの村」(83年/富士映画)も同様だ。津山事件を題材にし、映倫から「全編が非道で残虐的」と判断された同作で、田中は古尾谷雅人演じる主人公の幼なじみ役で登場する。風呂場をこっそり見ると田中が桶で湯をかぶっていて、その艶っぽいマッパ姿に古尾谷は興奮。「思わず風呂場に飛び込んで、田中さんの体にむしゃぶりつくのです」と話す平田氏によれば、画面には、「ほどよい大きさのプリッとした」美ヒップがしっかりと映し出され、「遠目にもきめ細かい肌の美しさが際立っています」というシーンだった。