テレ東福田典子がさまぁ~ず三村に公開モミモミ!/世紀の「バスト事件」(2)女子アナ篇
拡大する(全1枚)

 今やタレント以上に熱視線が注がれる「女子アナ」という存在。その豊潤なバストが予想外の突発事態を誘発、全国のお茶の間を激震させた。女子アナ研究家の丸山大次郎氏がピンキーな歴史を振り返る。

 まず、「06年の千野志麻アナの結婚パーティーで見せた阿部知代の『胸がこぼれる寸前のドレス姿』ですね」と話す丸山氏によれば、もともと彼女はファッショナブルで、番組でも胸の渓谷が見えるオシャレなファッションをしていたが、妖艶を通り越していると突っ込みたくなった記憶があるという。その堂々たる姿は、女子アナ界の「見せるレジェンド」であろう。

 対する大橋未歩も、02年にテレビ東京に入社して早々に、革命を起こしていたといい、テレ東の“性ハラ演出”の「はしり」だと丸山氏は指摘する。何でも、3年目でレギュラーを務めた「スポーツ魂」で、デスクに座りながらおじぎする時、胸を手に乗せるという“バスト乗せ挨拶”がネットで話題になったとか。そんな妖艶な見せ方もあるのかと、「驚いた気がします」という。

 番組中のアクシデントでは、日本テレビ葉山エレーヌも奔放そのもの。10年4月7日オンエアの「スッキリ!!」では、ブラウスの胸のホックが外れたままニュースを読み続けた。途中で気づいて戻したものの、あらわになった胸用肌着と“渓谷”は「意外にデケえ!」と視聴者を興奮させたものだ。

同年にはTBSの加藤シルビアアナは暮れの日本レコード大賞に女優顔負けの艶っぽいドレスで臨んだ。「ハーフらしくダイナミックなプロポーション」で、渓谷も「くっきりでしたね」と丸山氏。