宮崎謙介〈政界“魑魅魍魎”ウォッチ〉「『二階幹事長と中国』ヒンシュク共通項」

宮崎謙介〈政界“魑魅魍魎”ウォッチ〉「『二階幹事長と中国』ヒンシュク共通項」
拡大する(全1枚)

 元衆院議員宮崎謙介氏が足掛け5年の議員生活の経験をもとに、政治家ウオッチングやオフレコ話、政治にまつわる話を適度な塩梅で、わかりやすく「濃口政治評論家」として直言!

 世界の対中国包囲網が拡大の一途をたどる中、永田町ではその包囲網がシンクロして、親中派代表格である二階俊博幹事長にも、ふたつの包囲網ができつつあります。はい、二階幹事長に「緊急事態宣言」の発令です。

 まずひとつ目の包囲網は「世界が中国を疎う」ように、永田町の若手議員が二階幹事長をうっとうしく思い始めたというのです。それもそうですよね。近年の自民党の政治とカネ問題、これは本当に情けない。

 IR汚職逮捕の秋元司議員、大型買収事件の河井克行・案里夫妻に続いて、菅原一秀氏も公選法違反で略式起訴されました。先日のお金問題に対する会見では「ずいぶん政治とカネの問題はキレイになってきている」と二階幹事長が発言しましたが、とある若手議員がアキレ返って言うには、

「こんな渦中にいながら、もうナニ言っちゃってんの。まるで中国が『新型コロナウイルスは武漢発ではないし、なんなら中国のコロナは随分とキレイになってきている』と言うようなもんだよ」

 これは今に始まったことではないのですが、「ボチボチ現役を引退して、余生を楽しんでほしい」という悲痛な声が、永田町では聞こえてきています。

 しかし、実はこうした声はブロックされていて、当の本人には届いていません。というのは、今の自民党には二階幹事長がいないと困るため「何がなんでも本人には聞かせないぞ!」と、二階氏のそばでわーっわーっと騒いで、絶対に耳に入れるものかと動く幹部たちがいるからです。これがふたつ目の包囲網であり、守る側の網なのです。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

宮崎謙介のプロフィールを見る
アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「宮崎謙介」に関する記事

「宮崎謙介」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「宮崎謙介」の記事

次に読みたい「宮崎謙介」の記事をもっと見る

政治ニュースランキング

政治ランキングをもっと見る
お買いものリンク