宮崎謙介〈政界“魑魅魍魎”ウォッチ〉「井筒監督もいいけど議員を利用しよう」

宮崎謙介〈政界“魑魅魍魎”ウォッチ〉「井筒監督もいいけど議員を利用しよう」
拡大する(全1枚)

 元衆院議員の宮崎謙介氏が足掛け5年の議員生活の経験をもとに、政治家ウオッチングやオフレコ話、政治にまつわる話を適度な塩梅で、わかりやすく「濃口政治評論家」として直言!

 7月4日に投開票された東京都議選の投票率は過去2番目の低さで、なんと42.39%。前回の都議選より8.89%低かったのですが、なぜ半数以上が行かないんだろう、と不思議な気持ちです。「小池劇場は結局、何もやってくれない」「やっぱり緑のタヌキやん」と怒っている。にもかかわらず「選挙? 行かなかったよ。どうせ誰がやっても同じだから」と口々に言う。コロナ禍で政治不信もマックス超えと想像できますが、自分が投票することで、あの無免許議員を落とすことができたかもしれないのに。まぁ、消極的な都議選ではありましたが、自公の過半数割れは、ある種の政治不満爆発の表れだったのでしょうか。

 さて、そんな政治の不満ばかり言うくせに選挙には行かない、積極的に政治に参加しようとしない日本国民に対しての書籍を上梓しました。題して「国会議員を経験して学んだ実生活に即活かせる政治利用の件。」です。現在、僕は経営コンサルタントをしていますので、政治家に文句タラタラの経営者に、本当に数多く出会います。

 こんな事例がありました。葬儀関係の経営者Aさんが「葬儀関係はアナログすぎて、国はほんとにダメだ。政治家は何も考えてない。これからもっと力を入れないといけない分野なのに」と、まさに不満の嵐。収拾がつかないので「いやいや、これからはデジタル庁が動き始めますから、きっと変わっていきます」となだめながら、これは内情を調べるしかない、と思った矢先‥‥。なんと「死亡診断書をデジタル化する方向」というニュースが出たのです。そうか、そんな動きがあるのなら担当している議員に話してみようと、その議員に相談したところ、デジタル庁の前身は内閣官房だからと、内閣官房へ繋いでもらいました。さっそくアポを取り内情を説明すると、あれよあれよと現場の声を吸い上げてくださり、現在、Aさんは快く政治に参画しています。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

宮崎謙介のプロフィールを見る
アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「宮崎謙介」に関する記事

「宮崎謙介」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「宮崎謙介」の記事

次に読みたい「宮崎謙介」の記事をもっと見る

政治ニュースランキング

政治ランキングをもっと見る
お買いものリンク