久保純子×青山祐子「海外セレブ生活」マル秘レポート(2)青山は産休と育休を繰り返し7年
拡大する(全1枚)

 久保のアイドルアナ時代を回想すると、隔世の感がある。女子アナ評論家の丸山大次郎氏が、その人気のほどを振り返る。

「クボジュンといえば、民放で多くの派手なアイドルアナが活躍した時代に、清潔感のある、お嬢様的なビジュアルで一線を画していました。96年に東京勤務になって『NHKニュース11』に抜擢されると、松平定知アナ(76)と親子のようなほのぼのとした掛け合いで人気を博した。一方で、トチリも名物でした。ホワイトソックスを『ホワイトセックス』、伊達公子を『ダテコキミコ』などと言い間違えたものですが、トチッてもかわいらしさが際立っていました」

 インタビューされた大谷は「この人、誰?」と思ったかもしれないが、往時を知る中年ファンは本格復帰を待ち望むばかりなのである。

 さて、かつて久保から「ニュース11」のスポーツキャスターの座を引き継いだのが青山祐子(48)だった。

「頭角を現したのは、02年から担当した『サタデースポーツ』『サンデースポーツ』でセクシー衣装を披露してからでしょうか。積極的にノースリーブやタイトな衣装で、ロケット乳を強調していました。産休前まで出演していた『スタジオパークからこんにちは』では、三角地帯が際どく映るミニスカ姿が印象的でした」(丸山氏)

 青山の産休といえば、一部で波紋を広げたことがあった。12年に初めて制度を利用すると、数珠繋ぎのように4人の子宝に恵まれたため、産休と育休を繰り返して7年間も番組に出ることがないまま退社。羨ましいほどの長期産休となったのだ。