テレ朝・斎藤ちはる「赤坂のドン・ファン」余波はいまだ終息せずで番組降板危機

テレ朝・斎藤ちはる「赤坂のドン・ファン」余波はいまだ終息せずで番組降板危機
拡大する(全1枚)

 6月発売の写真週刊誌で「赤坂のドン・ファン」ことTBS・小林廣輝アナ(27)との「お泊まりデート」が発覚したのは、テレビ朝日斎藤ちはるアナ(24)である。7月21日からは新型コロナに感染して休養するハメになり、まさに踏んだり蹴ったりの状況だ。テレ朝関係者が眉をひそめて語る。

「そもそもアシスタントとして出演中の『羽鳥慎一モーニングショー』は『今後10年は任せるべき』と語る編成幹部もいるほどで、上層部の覚えもめでたかった。ですが、ライバル局のアナウンサーとの熱愛という軽はずみな行動に憤る関係者も多く、局内ではイメージがガタ落ちです」

 しかもここにきて、番組降板の声まで噴出しているといい、

「今年2年目の佐藤ちひろアナ(23)をアシスタントとして起用する話が浮上しています。この秋でどうこうというものではなく、来春の番組改編での話ですけどね」(テレ朝関係者)

 降板の危機に追い込まれた最大の原因は、小林アナの「異常性癖」が大々的に報じられたことだ。

「斎藤アナを含め『6股交際』だったというのもすごい話ですが、その交際相手が『一度も避妊してくれなかった』『大人のおもちゃをベッドの下に隠している』『SMグッズを用意していた』と語るなど、生々しいドン引きエピソードが目白押しでしたからね。清純派アイドル乃木坂46出身である斎藤アナに『SM』や『中出し』疑惑が降りかかるなんて、テレ朝的には絶対にあってはならないことです。今後はバラエティー番組でしか生き残れないかもしれません」(制作会社社長)


編集部おすすめ

当時の記事を読む

斎藤ちはるのプロフィールを見る
アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「斎藤ちはる」に関する記事

「斎藤ちはる」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「斎藤ちはる」の記事

次に読みたい「斎藤ちはる」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク