追悼・千葉真一「風来坊82年」全秘話と「コロナ死」直前肉声(3)柳生十兵衛の生まれ変わり

追悼・千葉真一「風来坊82年」全秘話と「コロナ死」直前肉声(3)柳生十兵衛の生まれ変わり
拡大する(全1枚)

「鬼龍院花子の生涯」や「極道の妻たち」で知られる脚本家・高田宏治氏は、千葉の代表作を数多く手がけている。

「最後に会ったのは5年前、僕の単行本での対談でね。千葉はずっと『こんな企画やりたい、あれもこれも』って言うんだけど、それを実現させるには金がいくらあっても足りないよ。ああいう映画青年の感じは変わっていなかったね」

 日本映画としてアメリカで初めて興行収入が100万ドルを突破した「激突!殺人拳」(74年、東映)も、高田氏のシナリオだ。

「あれほど体ひとつで成功した役者は、世界にも例がない。ブルース・リーの世界的な大ヒットを受けての千葉への当て書きだったけど、そこから千葉をイメージした役をたくさん書いたよ」

 特に松方弘樹と千葉のコンビが光った「沖縄やくざ戦争」(76年、東映)は、最高にかっこいい千葉が描けたと高田氏は振り返る。

「千葉と松方と3人でよくゴルフも行ったし、カラオケもやった。千葉は負けず嫌いの性格だから、カラオケでもマイクを持ったら放さないんだ」

 千葉が「自分は柳生十兵衛の生まれ変わり」と本気で言っているのを、何度も聞いている。そして願いが結実したのが、千葉の「裏柳生」という原案が映画化された「柳生一族の陰謀」だった。監督の深作欣二は、千葉に真っ先に伝えた。

「あれ、やるよ。お前さんが柳生十兵衛だから」

 東映12年ぶりの時代劇は興収30億円を超す大ヒットとなる。さらに、奇想天外な「魔界転生」(81年、東映)でも十兵衛を演じ、柳生但馬守宗矩役の若山富三郎と「父子対決」に挑む。千葉は12年の週刊アサヒ芸能のインタビューで、生涯で最も緊張した「殺陣」だったと回想している。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

千葉真一のプロフィールを見る
アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「千葉真一」に関する記事

「千葉真一」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「千葉真一」の記事

次に読みたい「千葉真一」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク