Zeebraが謝罪も…愛知野外フェスで運営に非難の声が収まらない「驚愕理由」

Zeebraが謝罪も…愛知野外フェスで運営に非難の声が収まらない「驚愕理由」
拡大する(全1枚)

 出演したアーティストからは続々と後悔や謝罪コメント、出演しなかったアーティストからは苦言が続出している、8月29日に愛知県常滑市内の「AICHI SKY EXPO」で行われたヒップホップ系野外フェスティバル「NAMIMONOGATARI」。

 前売り券を購入して集まった観客から招待客など関係者含め、約8000人が密となりマスク装着もズサンなまま、そして禁止されていたはずの飲酒までしながら騒ぎまくる光景が拡散されると、各方面から批判が殺到。イベントを許可した愛知県知事や常滑市長も当初の約束とあまりに違うイベント内容に失望を露わに。2005年から続いていたという夏の恒例イベントを今後は同じ場所ではやらないことを示唆する事態になった。さらにSNSでヒップホップファンからも批判が膨れあがる中、30日夕刻に主催者の「オフィスキーフ」が公式サイトで「お詫びと経緯のご説明」とする謝罪文をアップ。しかし、世間の怒りの声は一向に収まる気配がないとか。

「昼間のワイドショーなどでも取り上げられたことが大きいですね。愛知県側は、国内最大級の野外ヒップホップイベントという伝統のイベントであることと、きちんと感染症対策をしているならすべてを中止するのはよくないという、とてもポジティブなスタンスで開催を許可していたそうです。ですから、酒類の販売を強行したり、観客のマスク装着に対する対策もずさんなど、そういった数々の裏切り行為がここまで非難される原因となりました」(エンタメ誌ライター)


編集部おすすめ

当時の記事を読む

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク