沢口靖子を「科捜研」する(2)中国のトイレ事情に四苦八苦

沢口靖子を「科捜研」する(2)中国のトイレ事情に四苦八苦
拡大する(全1枚)

 そんな沢口をさらに“科捜研”してみよう。

 沢口はお姫様の芸能プロといわれる「東宝芸能」に所属している。84年、「東宝シンデレラ」オーディションが開催されたが、その第1回を見事に勝ち取ったシンデレラ女優。当時を知る関係者が振り返る。

「彼女は大阪府堺市の出身で、言葉は泉州弁です。オーディションの時も質問に答えた沢口はメッチャ訛っていて、『この子、大丈夫か』と思ったほど。デビュー当時に出身校を聞かれた時は『与謝野晶子が(高校の)先輩です』と答えたので、かなり天然かなという気がしました」

 天然キャラのことは自ら「そそっかしくて天然で慌て者」と語るほどで、エピソードには事欠かない。NHKあさイチ」に出演した時のこと。井ノ原快彦(45)をアナウンサーと勘違いしたことや、また、高畑淳子(66)には「芯の強い宇宙人」と評されていること、などなど‥‥。

 女優としては当初は素人丸出しで大根呼ばわりされ、ドラマで共演した加賀まりこ(77)に厳しく鍛えられたともっぱら。デビュー当時を知る元東宝芸能のマネージャー、ゴージャス松野氏はこんな見上げたプロ根性を覚えている。

「東宝芸能はお姫様集団と言われますが、躾には厳しい。沢口もドラマ出演の時はきちんとセリフを覚えてきました。新人時代に日中合作のドラマに出たことがあります。中国で行われたロケは当時、トイレ事情がひどくて、ドアなんかない丸見え、しかも不衛生でしたが、沢口は文句一つ言わなかった。食事も油がきつくて、大人でも数日でグロッキーになるのに、『私は大丈夫』と平気な顔をしていました」

編集部おすすめ

当時の記事を読む

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク