サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「菊花賞に向けてカレンルシェルブルが一発」

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「菊花賞に向けてカレンルシェルブルが一発」
拡大する(全1枚)

 今週は3日間開催。土曜日(9月18日)は平地の重賞はなく、日曜日(19日)に中京でローズS、月曜日(祝日、20日)は中山でセントライト記念がメインとして行われる。前者は秋華賞、後者は菊花賞のトライアルレースで、3着までに優先出走権が与えられる重要な一戦だ。

 今年で75回を数えるセントライト記念は歴史ある重賞だが、近年ここで勝ち負けして菊花賞(芝3000メートル)も──という馬は少なくなってきている。来週、今年も中京で行われる神戸新聞杯のほうが、セントライト記念よりも距離が200メートル長い2400メートルで行われることで、より重きを置かれているからだ。

 それでも15年の勝ち馬キタサンブラックが本番をモノにしたり、ナカヤマフェスタ(09年)やフェノーメノ(12年)など、その後もGI戦で勝ち負けした馬はおり、今後を見据えて目の離せない一戦であることは確かだ。

 馬券的な傾向は、どうだろう。02年に馬単が導入されて以降、これまでの19年間、その馬単での万馬券は5回(馬連は2回)。この間、1番人気馬は6勝(2着6回)、2番人気馬は3勝(2着4回)。1、2番人気馬によるワンツー決着は6回。定量戦ということで比較的順当に収まっており、大きく荒れることは少ない。春のクラシック戦線で名を連ね、本番でも有力視される馬たちが出走してくるからだろう。

 今年のダービーを使った組では、ヴィクティファルス、グラティアス、タイトルホルダー、タイムトゥヘヴン、クラシック戦線をにぎわした中からアサマノイタズラ、オーソクレース、ワールドリバイバルなどが参戦してくる。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「菊花賞」に関する記事

「菊花賞」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「菊花賞」の記事

次に読みたい「菊花賞」の記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク