三國連太郎の元不貞相手・太地喜和子が誌面で再会/「アサヒ芸能65年」に刻まれた「美女の激言」(終)

三國連太郎の元不貞相手・太地喜和子が誌面で再会/「アサヒ芸能65年」に刻まれた「美女の激言」(終)
拡大する(全1枚)

誰もが知る有名美女の、誰も知らない「本気の叫び」が聞きたい─。創刊以来変わらぬ「週刊アサヒ芸能」の編集方針の骨子である。65年の歴史には目もくらむ美女たちが現れ、読者を鼓舞した。その姿形だけでなく、思わず漏れる本音にも味わいがあった。そんな名言の数々を大公開!男と女の誰も踏み入れることのできない機微を感じさせる発言をこんなふうに聞き出している。

かつてブームになった“テレフォン性行為”。斯界の「女王」と呼ばれた清水節子は、今年8月19日に亡くなった千葉真一と、最後まで親しくしていた。

「8月初旬は、息苦しそうだったけど、まだ会話はできたの。ポツリと『コロナが落ち着いたらハワイに行こうね』って言ったのよ」

千葉はワクチンを拒否したままコロナに敗れた。

三東ルシアは、かつてモト冬樹とつきあっていたことを明かした。

「モトさんが25歳で私が18歳。ただ、つきあってからの私生活ではおもしろい人ではない。テレビで『オレはすごいぞォ』って口説くとネタにされていますが、正直、あっちのほうも大したことはなかったな(笑)」

あっぱれである。同じく児島美ゆきも03年、かつて高倉健と恋仲だったことを衝撃の告白。

「私、人生で健さんにかかわったってことは、自慢なんです。外で会うことはほとんどできませんから、室内でのデートが多かったですね。お互いに『剛ちゃん』『ミッキー』と呼び合っていました」

ただ、世間の反応は冷ややかだった。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

三國連太郎のプロフィールを見る
アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「三國連太郎」に関する記事

「三國連太郎」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「三國連太郎」の記事

次に読みたい「三國連太郎」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク