13年3月、福島第一原発から20キロ圏内の小高区と原町区の一部を擁する福島県南相馬市に、一人の医師が移住してきた。富山県高岡市の済生会高岡病院で副院長兼内科部長を務めていた中林智之医師(60)だ。

 中林医師は、過去に福島県を訪れたのは数回程度。南相馬には足を踏み入れたことすらなかった。だが、以前から“ある思い”を心の中に秘めていた。

「もともと、母校の自治医科大学は、医療に恵まれない地域の医療確保を目的に設立された学校。それだけに医者になった当初から『最後の10年はへき地医療に従事したい』と漠然と考えていました」

 そんなやさきに起きたのが「3.11」だった。あまりにも壮絶な現実を前に中林医師の心もかき乱された。

 震災時、富山県は病院をチームごとに分けて医療班を編成。1週間交代で被災地域に入って活動を行った。中林医師も県の要請で、岩手県釜石市での活動に参加したのだった。

「震災から2週間後に釜石に入りました。当時、現地はまだガレキの山でした。私たちは海上保安庁の巡視船に宿泊させてもらい、入浴や食事もできたからまだよかったけど、地元の看護師さんの中には、避難所暮らしの人もいた。そういった現状を目の当たりにして、『へき地ならどこでもいいというわけにはいかないな』と思うようになりました」

 しかし、富山県も慢性的な医師不足に悩まされていた。簡単に投げ出すわけにはいかなかった。被災地から富山に戻ると、多忙な勤務が待ち受けていた。