サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「ヴィクティファルスが巻き返す」

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「ヴィクティファルスが巻き返す」
拡大する(全1枚)

 今週は菊花賞。牡馬三冠最後のレースである。先週の牝馬限定の秋華賞とは対照的に、波乱の結果に終わることが多い。経験の少ない長丁場の距離で争われるため、スタミナの有無が問われるレースで、これまで積み重ねてきた実績をうのみにできないからだ。

 長距離レースは、世界の主流ではなくなった。それでも、なぜか引きつけられる。血統やレースの駆け引きなど、騎手の腕がモノを言うからおもしろいのだ。

 昔は菊花賞の取材で、よく栗東トレセンに足を運んでいた。いろいろなドラマに出くわして思い出深いが、今でも忘れられないのは02年、10番人気のヒシミラクルが勝った時のこと。

 ある理由で出走馬が決定する1日前に予想することになったのだが、ヒシミラクルは抽選対象だったため、実のところ、この馬の取材はおろそかにせざるをえなかった。しかし枠順決定後の翌朝に厩舎馬房を訪ねると、ヒシミラクルの威容に圧倒されてしまった。簡単に言うと、放つオーラがハンパなかったのだ。

〈負けない。勝つのはこいつだ〉とピ~ンときて、予想変更を願い出たが却下され、★印のままとどめ置かれた。

 しかし、馬券はヒシミラクルから。馬単が導入された最初の菊花賞で、2着に16番人気のファストタテヤマが入ったこともあり、馬単の配当(18万2540円)は俗に言う“ハネ万”。めったにない帯封を手に、グリーン車両を半ば貸し切り状態にしての帰途は、記者仲間との楽しい宴となった。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「菊花賞」に関する記事

「菊花賞」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「菊花賞」の記事

次に読みたい「菊花賞」の記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク