高橋由美子「爆酔い」、太田光「頭部強打」…バラエティ番組「放送事故」の壮絶!
拡大する(全1枚)

 体を張って笑いを取りに行くバラエティ番組の世界。放送倫理が厳しい昨今とはいえ、やはり、そこかしこに衝撃は潜んでいる。

 春と秋の改編期に芸能人が勢ぞろいする「オールスター感謝祭」(TBS系)は、突発事態の宝庫。漫談家のユリオカ超特Q氏が語る。

「いちばん衝撃だったのは08年3月29日の回の『ローション相撲』でしたね。次長課長河本準一と格闘家・小川直也の一戦でしたが、ローションで滑って河本君が胸を強打し、右肋骨骨折で全治1カ月の大ケガを負いました。小川には『格闘技の試合よりもよっぽどいい仕事している』と、妙な賛辞が寄せられました」

 02年には、ピッチングマシンから放たれる170キロの速球を、俳優の三田村邦彦がキャッチャーとして受けるという企画があった。大谷翔平を超える速球は、キャッチャーマスクの目の部分にボールがめり込む威力。一歩間違えば失明の危険性も、という恐怖映像となった。

「19年10月12日のオンエアでは、司会の今田耕司が別番組で明かしていましたが、ボビー・オロゴンFUJIWARA藤本敏史が口論に。運悪く2人の間にいたトランプマンの頭をボビーが押さえつけたため、今度はトランプマンがガチギレして、ボビーの胸ぐらにつかみかかったそうです」(演芸ライター)

 ユリオカ氏は「何をやらかしても許される存在」として、フワちゃんの名を挙げる。ユリオカ氏によれば、「日テレの『24時間テレビ』で失禁告白をしたり」、別の番組では“バストトップが「見えとる」と騒いだりもしたとか。「もう、自分でバンバン言うから、この子なら何をやってもダメージがないですね」とのことだ。