「盗塁王5回」赤星憲広が“驚愕の高校時代”を槙原寛己に語らせた「意外な縁」

「盗塁王5回」赤星憲広が“驚愕の高校時代”を槙原寛己に語らせた「意外な縁」
拡大する(全1枚)

 阪神タイガースで活躍した元プロ野球選手・赤星憲広氏と言えば、ルーキーイヤーの2001年から5年連続で盗塁王のタイトルを獲得。これはセ・リーグ記録であり(日本記録は福本豊氏の13年連続)、走塁面のスペシャリストであった。

 そんな赤星氏が、「巨人三本柱」で活躍した元プロ野球選手・槙原寛己氏のYouTubeチャンネル〈ミスターパーフェクト槙原〉に出演(10月28日付投稿回)。実は、この2人、愛知県立大府高校野球部の先輩後輩(学年は13年違い)にあたる。

 赤星氏が大府高校入りした理由は、「1学年上にスゴい選手がそろっている」との中学時代の野球部顧問の推薦によるものだったそうなのだが、入部早々の練習で衝撃を受けたというエピソードを明かしている。

 それは、野球部員をランダムに6チームに分けて行われたリレーでのことだった。1位でバトンを受けたアンカーの赤星氏。足には自信があったことから楽勝と思いきや、先述の1学年上の先輩3人に抜かれ、結果は4位に終わり、レベルの高さに驚愕したのだとか…。

「私学を倒して甲子園に行く!」といった公立高校ならではの志を持った雄が集まってのことで、結果的に赤星氏は2年、3年時の2回甲子園に出場している。

 その当時、大府高校の野球部顧問は、槙原氏と高校時にバッテリーを組み、キャプテンでもあった馬場氏。赤星氏の高校時代は、槙原氏とともに甲子園にも出場したその馬場氏が「大府高校最強」とも呼んだ世代であったようだ。

 YouTube初出演と言う赤星氏。実は、YouTube出演はNGなのだそうだが、因縁浅からぬ槙原氏の誘いは断れなかったようで、意外な縁を知ることもできる興味深い動画であった。

(ユーチューブライター・所ひで)

編集部おすすめ

当時の記事を読む

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク