永野芽郁「ダサコーデ風評」をはねのける大逆転秘策とは?

永野芽郁「ダサコーデ風評」をはねのける大逆転秘策とは?
拡大する(全1枚)

〈友達がこのコーデで来たら、正直ダサいと思う〉

〈これからパート行くんかな?〉

 ヤフーのコメント欄が「ダサい」連呼の祭りと化したのは、11月20日に「NEWSポストセブン」が配信した〈永野芽郁、素人は真似できない「薄いデニム」の穿きこなし〉というタイトルの記事をめぐってのことだった。

「10月下旬に都内のアパレル店から出てくる永野芽郁(22)のプライベートを激写したもので、永野のデニム姿もアップされていました。記事内では匿名のスタイリストが『薄いブルーのデニムは野暮ったく見えることもあり、穿きこなすのが難しいアイテムなんですが、トータルで洗練された着こなしです』とお墨付きのコメントをしたのですが、読者の間でオシャレ論議が巻き起こったのです」(芸能記者)

 そのコーディネートは、首元までボタンを留めた黄色の襟付きニットに細いデニムというシンプルなもの。下町のオバちゃん風ファッションをイジる声が多かったが、知らぬ間にプライベートを撮られて「ダサい」のレッテルを貼られてしまうのは、ちょっと気の毒なようにも‥‥。

 とはいえ、永野は10年にファッション誌「ニコ☆プチ」でモデルデビューすると、13年から「nicola」(いずれも新潮社)で、女子小中学生憧れのニコラモデルを務めたオシャレ芸能人。現在も高級ブランド「プラダ」の広告キャラクターだけに、私服センスとのギャップにファンが驚いてしまったのも無理からぬところだ。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

永野芽郁のプロフィールを見る
アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「永野芽郁」に関する記事

「永野芽郁」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「永野芽郁」の記事

次に読みたい「永野芽郁」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク