福原遥、元“まいんちゃん”子役が朝ドラ主演で懸念される2大「心配ポイント」

福原遥、元“まいんちゃん”子役が朝ドラ主演で懸念される2大「心配ポイント」
拡大する(全1枚)

“4度目の正直”でゲット!2022年度後期NHK朝ドラのヒロインが11月25日に発表された。「舞いあがれ!」の主役を射止めたのは、癒し系な顔立ちの若手女優の福原遥だ。

 福原は小学校1年生で子役デビュー。食育番組「クッキングアイドル アイ!マイ! まいん!」(NHKEテレ)で、“まいんちゃん”を5年間務めたキャリア16年のベテランで、モデル、歌、演技、踊りに声優と幅広いジャンルをこなす隠れた演技派だ。

「朝ドラのヒロインといえば、かつてはフレッシュな新人を抜擢して、成長を見守るという趣向でしたが、18年後期以降、6作連続でオーディションなし。役柄に合わせキャスティングしてきました。本作はオーディション選考で、応募者2545人から選出。福原は4度目の挑戦でみごとものにしました。抜擢の理由は朝ドラに対する熱すぎる熱意とヤル気がずば抜けていたことにあります。それもそのはず、福原は2011年3月の東日本大震災翌月に始まった朝ドラ『おひさま』のヒロイン、井上真央に強い感銘を受け、彼女のように勇気や元気をお茶の間に届けたいと朝ドラヒロインを目標に頑張ってきたんです。長年の夢がついに叶ったわけですから、意気込みもスゴイ。制作を担当するNHK大阪放送局で行われた会見で、福原は全力投球で長丁場を乗り越える決意を熱く語りました」(テレビ誌記者)

 物語は、ものづくりの町・東大阪と自然豊かな長崎・五島列島を舞台に、パイロットになる夢に向かって奮闘努力するヒロインの艱難辛苦の半生を1990年代から現代に渡って描いていく。脚本は原作なしのオリジナルで、NHK土曜ドラマ「心の傷を癒すということ」などで知られる桑原亮子氏が担当。夢のヒロインをゲットし、体力、気力も十分という福原は、来春のクランクインに向けて準備に余念がない状況だ。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

福原遥のプロフィールを見る
アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「福原遥」に関する記事

「福原遥」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「福原遥」の記事

次に読みたい「福原遥」の記事をもっと見る

ニュースランキング

ランキングをもっと見る
お買いものリンク