プロ野球「ワーストナイン2021」に選出された高額年俸選手とは!?

プロ野球「ワーストナイン2021」に選出された高額年俸選手とは!?
拡大する(全1枚)

 前年最下位からリーグ優勝を果たしたヤクルトとオリックスが日本シリーズで激突。連夜の大熱戦は鮮烈なインパクトを残した。さて、球史に残る番狂わせを許した“戦犯”とは─。

 まずは超高額年俸に見合わない「ワーストナイン投手」の成績を一刀両断!パの先発部門では、日本球界に電撃復帰した楽天の田中将大(33)が選ばれた。23試合に投げて4勝という結果に多くの野球ファンが肩透かしを食らった。

「13年に24連勝でチームを優勝に導いた印象が強いので、4勝という数字にはガッカリですよ」

 野球解説者の角盈男氏もその一人で、不調の原因をこう分析する。

「アメリカ野球の弊害が出たのではないでしょうか。メジャーでは球数を抑えるためにストライクゾーンの中で勝負していくのに対して、日本では遊び球を有効に使いながら抑えていく。100球以内に収めようとする気持ちが強いあまり、配球が読まれやすくなったのも一因でしょう」

 今季は155と3分の2回を投げて被本塁打は17本とリーグワースト5位。13年は226と3分の1回を投げてわずか6本だ。

 野球解説者で元日本代表のG.G.佐藤氏は打者の目線でこんな見解を示した。

「防御率3.01は決して悪い数字ではない。勝ち運がなかったことに加え、そこは日本のバッターをほめるべきかもしれません。メジャーでは低めのボール球を振らせて勝ち星を積み重ねてきましたが、日本人はなかなか低めに手を出さない。レベルアップを痛感したのではないでしょうか」


編集部おすすめ

当時の記事を読む

アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク