尾野真千子、倉科カナ、綾瀬はるか…2021年に輝いた「艶大賞」の行方

尾野真千子、倉科カナ、綾瀬はるか…2021年に輝いた「艶大賞」の行方
拡大する(全1枚)

 東京五輪に首相交代、そして新たな変異ウイルスと激動の1年だったが、芸能界の美女たちは、いかに鮮やかな「艶場面」を見せてくれたのか。映画部門では、尾野真千子の独走と映画評論家・秋本鉄次氏は言う。

「11年ぶりの大胆場面でしたが、40歳になって当時よりも全体に肉づきがよく、より魅力的になっていました」

 コロナ禍を踏まえたシナリオも鮮やかであった。写真集・グラビア部門では、33歳にしてファッション誌の表紙で驚きのポーズを取ったのが倉科カナだ。グラビア評論家・徳重龍徳氏も太鼓判を押す。

「表紙のグローブをつけた手ブラショットも素晴らしいですが」としたうえで、「ページを一枚めくると」飛び込んでくるのは艶やかなアンダーウエア姿の数々であることを指摘する。続けて、そうしたカットの倉科のボディについて徳重氏は、「胸は残しつつ、ジムで鍛えたという締まったボディは美しいです」と話すのだった。

 ドラマ・CMでは、綾瀬はるかがみごとなリレーを描いたとライターの尾谷幸憲氏。1月のドラマ「天国と地獄」(TBS系)でも、高橋一生と人格が入れ替わって、豊かなボリュームの体でカップ付き肌着姿になり「後輩を誘惑」するという場面を挙げたうえで、「その場面からの、2月から始まった開放的な『ユニクロ』のCMが見事にリレーとなっていました」(尾谷氏)

 12月14日発売の「週刊アサヒ芸能」12月23日号では、美女たちの“激艶な1年”をつぶさに振り返っている。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

尾野真千子のプロフィールを見る
アサ芸プラスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「尾野真千子」に関する記事

「尾野真千子」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「尾野真千子」の記事

次に読みたい「尾野真千子」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク