宮崎謙介<巷の陳情>突撃調査隊「格安スマホの詐欺商法がひどすぎる」
拡大する(全1枚)

 格安スマホに変えたら、料金がなぜか高くなっていました。使い放題プランを申し込んだのに、使い放題の金額ではなくなっています。しかも通信速度が遅いどころか、全くつながらないことも。仕事で使用しており、業務が滞ってしまうので、以前使っていたソフトバンクに戻しました。政府の取り締まりは一体どうなっているんですか。

 格安スマホはNTTドコモやau、ソフトバンクなどの大手事業者から通信回線を借りている携帯電話サービスのことで、MVNO(モバイルバーチャルネットワーク事業)とも呼ばれています。ワイマックスやbモバイルが有名でしょう。MVNOはデータ通信事業も含まれますが、総務省経由で調べてみたところ、大手3社から直接回線を借りているMVNOは、今年初めで653社。二次代理店的企業を含めると1500社以上です。そしてここには悪徳業者も数多く紛れ込んでいる。コンビニで売っている外国人向けのSIMカードやネット販売の格安スマホにも、悪徳なものはゴマンとあります。

 通信サービス業を営んでいる知人が言うには、

「突然、料金が高くなった? それを不利益変更というんだよ。月2980円かけ放題プランが、いつの間にか使い放題じゃなくなっていた。モバイルWi-Fiサービスでも月間無制限や100GB通信ができると契約を集め、契約期間途中で50GBになった事例が確認されている」

 さらには「そうだよ、宮崎君。なんとかしてほしい」と、サービス側からも陳情されることに。