トップ女優「七福美神」の最新“艶”白書(1)ドクターX最終回で米倉涼子の演技がネット上で議論に
拡大する(全1枚)

 パン、パンと拍手二拍。頭を垂れて願うのは家内安全、無病息災、商売繁盛、健康長寿‥‥。とまれ、男の本懐は神仏前では祈願できないヨコシマな酒池肉林ドリーム。そこでアサ芸は、男の煩悩を満願成就してくれるトップ女優7人を召喚。豪華絢爛な“七福美神”の艶白書を新春初放出して開運招福ならぬ、開マン昇天を!

 男を上げる美神のトップバッターは米倉涼子(46)。芸能デスクが解説する。

「かねてより公開が待ち望まれていた新作ネット配信ドラマ『新聞記者』(Netflix)が、1月13日より全世界に向け公開が始まります。撮影自体は、20年秋に行われたものですが、その4月に個人事務所を立ち上げた米倉が独立第一歩に選んだ最初の作品になります。当たり役『ドクターX』(テレビ朝日系)の天才外科医から心機一転、地味なグレースーツの新聞記者の主役を演じています」

 定番のミニスカ白衣を脱ぎ捨てた米倉の新境地となるか。

「ドラマは“森友問題”を題材とし、国有地売却問題や公文書改ざん事件など硬派な内容になります。米倉は官邸秘書役・綾野剛(39)、新聞配達員・横浜流星(25)などを相手に政権の暗部を追及する社会部記者ですが、これまでの天才外科医のようにズバズバ難問を解決することはありません。主演とはいっても、ドラマの中では一介の新聞記者にすぎないため、本人は『これじゃ私、主演じゃないみたい』と、もの足りない様子です。初めて挑む骨太な社会派ドラマの群像劇に不安になっているようです」(芸能デスク)