荻野目慶子が湯上がり「手入れなし密毛」見せた!日本の“ヘア出し”映画全史
拡大する(全1枚)

 平成から始まった「映画のヘア革命」の歴史。思わず劇場でのけぞった瞬間を、映画評論家・秋本鉄次氏とともに振り返る。

 鈴木砂羽主演の「愛の新世界」(94年、東映アストロフィルム)は、日本初の“ヘア出しマッパ”の映画を大々的にアピールした。

「エンディングで鈴木と片岡礼子が浜辺でたわむれるシーンなどにヘアが映っています。ただ、厳密にはアラーキーこと荒木経惟氏が撮った写真を並べたものだった」

 これ以前にも、五社英雄監督の遺作となった「女殺油地獄」(92年、松竹)で、樋口可南子の着物の下からヘアがのぞいたと言われた。が、あまりの暗がりのため、判別は不可能という結論だったが…。

 では、動く映像としての初ヘア女優は誰か。奇しくも同じ95年に公開された「マークスの山」(松竹)の江口ナオと、「眠れる美女」(ユーロスペース)の大西結花の2人で、大西については、

「バスルームを出た湯上がり、唐突にヘアが見える形で立っていました。あの『スケバン刑事』シリーズのひとりが…と感慨深かったです」

 大西はこの撮影について、週刊アサヒ芸能に残しているコメントによれば、これが最初の脱ぎの場面で、「最小限のスタッフだけと気を遣っていただいたんですよ」とのこと。続けて「でも私、やるって決めちゃうと気にならない性格なんです。あそこに何人いようが平気だったと思います」とも述べていた。

 ともに時代を象徴する性のシンボルだった杉本彩壇蜜は、ともに同じ種類のハードな性プレイを扱った作品でヘアを見せている。秋本氏によれば、杉本は名作をリメイクした「花と蛇」(04年、東映ビデオ)でプレイを仕込まれるシーンで、はりつけにされながら野性的なヘアを公開したという。壇蜜は初主演作「私の奴隷になりなさい」(12年、角川映画)で、やはりM女として飼い慣らされる場面で初脱ぎを見せました。