対決間近!「浅田真央VSキム・ヨナ」死闘10年の“裏”真実(9)

 記者が振り返る。

「そもそも、07年12月に米国から拠点を移したのも母のためでした。周囲には最後まで『更年期障害』と言い、気丈にふるまっていたのですが、肝硬変の症状が重くなってきたのです。帰国を選んだ結果、自己流の練習が続き、五輪で“Lz封印”となりました。1試合で3回、3Aを跳ぶには、より磨きをかける必要があり、Lzをじっくり見直している時間はなかった。でも、あのコンディションで、史上初の3A3発は神がかり。ヨナが完璧な演技をする中、浅田も母の前で3Aをパーフェクトに決めたのです」

 そして、母親の容体悪化を追うように、浅田の不調も深刻化していく。スケート連盟関係者が話す。

「10-11シリーズの低迷中、母親の肝硬変は移植手術が必要なところまで悪化していた。医者から『次のソチ五輪が見られなくなりますよ』とまで宣告されていたそうです。家族3人がドナー検査を受け、11年のオフシーズン中に家族会議があり、6月に舞さんの肝臓を移植することで決まっていたそうです。しかし、直前に匡子さんが『大事な娘の体にメスは入れられない』と拒否。免疫抑制剤が進歩し、HLA抗体が適合していなくても、移植手術はできるようになっていたこともあり、夫の敏治さんが8月11日に手術台に上がりました」

 母の術後経過が芳しくない中、11-12年シリーズがスタートする。初戦はGPシリーズ「NHK杯」だった。デスクが語る。

「昨シーズン、5試合でわずか2度しか成功しなかった3Aの精度は戻らず、SPでいきなり失敗してしまう。佐藤コーチからは『2Aでいったほうがいい』と助言されていたが、最後は本人の意思に任せていたんです。FSを前にして思案にくれる浅田は、4回転という大技を封印して優勝した男子のエース・高橋大輔の戦いぶりを目の当たりにして、佐藤コーチの真意を理解した」


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 浅田真央 Instagram
  2. 浅田真央 アイスショー
  3. 浅田真央 結婚
アサ芸プラスの記事をもっと見る 2014年2月21日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「浅田真央 + 結婚」のおすすめ記事

「浅田真央 + 結婚」のおすすめ記事をもっと見る

「浅田真央 + アイスショー」のおすすめ記事

「浅田真央 + アイスショー」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「羽生結弦」のニュース

次に読みたい関連記事「羽生結弦」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。